スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

105番

こんばんは~。
今日は105番の画像を。
105.jpg
この路線、昔は205番でして、多分野方行きと姪浜行きだと
分かりづらいので"105番"にしたものだと思います。
姪浜発の202バイパス経由は105番と215番がありましたが、
今は105番だけとなっております。
古い路線図で調べる前は、西方向の急行(100番から103番)の名残かと
思ってました・・・(^^ゞ

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。

105番は地下鉄に対抗するためにできた初の市内急行で、100番、101番、103番、113番よりも早く誕生しました。

105番としてずっと維持してきたのは、市内急行発祥の証を絶やしたくないという意地のようなものを感じずにはいられません。

ちなみに205番は下山門・国体道路経由であり(もともとは下山門行きで姪浜までは行かず、番号も204番。のちに拾六町&宮の前系統とともに205番として独立)、新室見・城南線経由の105番とは別ルートでした。

soramameさん、こんにちは~。

>105番は地下鉄に対抗するためにできた初の市内急行で、
100番、101番、103番、113番よりも早く誕生しました。
---そうだったんですかw(°0°)w
なんで、古い路線図に載ってなかったんだろう・・・

>105番としてずっと維持してきたのは、市内急行発祥の証を絶やしたくないという意地
のようなものを感じずにはいられません。
---確かに、そんな気がしますね。
本数少ないですし。
ちょっと違う意味で免許維持路線的な感じなのかもしれませんね。

>ちなみに205番は下山門・国体道路経由であり(もともとは下山門行きで姪浜までは行かず、
番号も204番。のちに拾六町&宮の前系統とともに205番として独立)、
新室見・城南線経由の105番とは別ルートでした。
---そうだったんですか。
下山門の住民が天神とかに行く時用につくったのでしょうかね?(^0~)
今は、507番とかありますけど・・・
カウンター
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール


▲湯の野にて
執筆者:たくとん

京都に来て早5年……。

更新日 '17.12.10

最近の記事
カテゴリ
コメント
お乗換え。
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
カウンター

二重カウントありです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。