--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.08.1313:46

昔からあるバス停(4)

みなさん、こんにちは~。
今日、紹介するバス停は泉バス停です~。
泉
このバス停は、弥永団地方面のバス停であります。
しかし、なぜか…
博多南駅・観晴ヶ丘・那珂川ハイツ
も書いてあるんですよね・・・
ちなみに、反対側のバス停はコチラ。
泉2
ちなみにコチラには…
博多南駅・観晴ヶ丘・公民館入口って書いてあります。。。
昔は、弥永団地方面にしかなかったのかな??
んー謎だ。。。

コメントの投稿

非公開コメント

お答えいたしましょう。

おっしゃるとおり、昔は弥永団地行きのみでした。
が、系統が増えたのは、やはり博多南駅の開業によるものです。
少し前は、観晴ヶ丘経由那珂川ハイツ行きなんてのがありましたが、大橋からだと遠回り過ぎるのでなくなったのです。
ちなみに観晴ヶ丘止めの系統も、合理化の一環&当該地区住民の通勤の足を確保する為、博多南まで持っていくようになったとか。

なお、1枚目の写真のバス停…もしかすると、この地区では数年前に大規模な道路工事があって、バス停を移設してましたからねぇ。でも、それにしても…。

ひろしさんへ

>おっしゃるとおり、昔は弥永団地行きのみでした。
が、系統が増えたのは、やはり博多南駅の開業
によるものです。
---やっぱりそうでしたか。
今って弥永団地行きはほとんどありませんよね。。。

>少し前は、観晴ヶ丘経由那珂川ハイツ行きなんてのがありましたが、
大橋からだと遠回り過ぎるのでなくなったのです。
ちなみに観晴ヶ丘止めの系統も、合理化の一環&当該地区住民
の通勤の足を確保する為、博多南まで持っていくようになったとか。
---ふむふむ。
49番にも色々な(?)歴史があるんですねぇ。。。
確かに、観晴ヶ丘の方は博多南駅からJRに乗ったほうが
早いですよねぇ。。。

>なお、1枚目の写真のバス停…
もしかすると、この地区では数年前に大規模な道路工事があって、バス停を移設してましたからねぇ。
でも、それにしても…。
---もしかしたら、次にこの地区で新たな路線が出来たり
すると変えられるかもしれませんね。。。
幕車も福岡地区から無くなってしまいましたし、過去の路線を
知るのにはバス停を見るのが一番ですよね・・・
ブログの延べ乗車人数
今日は更新してるかな?
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
このブログの利用規約


▲湯の野にて

□たくとんのブログにようこそ!

□当ブログは西鉄バスをメインにしたブログです。
コメントの返信は遅くなることもございますが、ご了承ください。

□リンクの順番はブログ名の
アルファベット順次に50音順です。
尚管理人様が同じものの場合は
ブログ名のアルファベット順次に
50音順に関係なく
上下どちらかに置いてあります。

□当ブログに掲載した内容に間違えがございましても責任を負うことは出来ません。
西鉄様などへのお問い合わせも
なさいませんようにお願いします。

□ぶろふぃ~る
・11月28日生まれ 京都府在住
・小笹~天神線を(勝手に)応援しています。

☆撮影機材☆
・カメラ:D5000
・レンズ
AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR
AF-S DX VR Zoom-Nikkor 55-200mm f/4-5.6G IF-ED
AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED
AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
・三脚:Geo Carmagne N645
・レリーズ:SM-608

こちらもどうぞ。

nnr-net.
▲nnr-net.

青空のもとで
▲鉄道系別館

バナー
▲当ブログバナー

更新日 '13.4.21

コメント
最近の記事
カテゴリー
只今のブログの乗車人数
現在の閲覧者数:
お乗換え。
ブログ内検索
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

カミチィの育児親バカ日記

まったりbusブログ

旅は北九州から
カウンター
白牌は0です。

二重カウントありです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。